あなたの語る言葉は、受け手にとって”価値”が感じられることばか?

プレゼンテーションは「価値があれば選ばれて、価値がなければ選ばれない」。経営者のあなたがプレゼンテーションをする際に、社員の方が得られる価値を語っていますか?

from 野村尚義

■あなたの語る言葉は、受け手にとって”価値”が感じられることばか?

本日は、ひとつ大事なメッセージを。

プレゼンの本質である“価値”についてです。

 

私が考えるプレゼンとは、選ばれる力です。

受け手から選ばれるために、働きかけをする。

では、どうすれば選ばれるのか?

 

一言でいうと、価値があることです。

価値があれば選ばれて、価値がなければ選ばれない。

当たり前のことです。

 

しかし、プレゼン本などで、提案の価値そのものに目が向けられることがいかに少ないことか。

プレゼン本で語られるのは、いつも
話し方のはなし。
スライドのはなし。
構成のはなし。

もちろん、それらは出来ないよりも出来たほうがよい。

しかし、それらはすべて「提案の価値を目減りさせないための伝え方」なのです。

それらが百点満点だとしても、そもそもの提案に価値がなかったら意味がない。

 

私がよくいう話。

「最高の声で、最高の笑顔で、つまらない話をして何の意味があるんですか?」

ということです。

 

■自分ごとに置き換えたときに、できているか?

さて、以前から野村のメルマガを読んでくださっている方にとっては、ここまではよく聞く話。

まぁ、何度もお伝えしていることです。

 

そして、本質の価値こそが大切だということは、「明らかに選別される立場」のときはよくわかるのです。

たとえば、営業。
商品と使用用途の提案が本質価値であり、ダメな商品はやっぱり売れない。

たとえば、面接。
自分が何が出来るかが見られているのであり、上っ面だけ繕っても採用されない。

 

しかし、逆に、一見「選別されないような話」のときに、私たちは本質価値を忘れてしまいます。

一番わかりやすいのが、上司サイドから部下サイドにする話。

上司が、部下に業務の指示をする。
社長が、従業員に経営方針を発表する。

そのときに、自分の話が受け手にとって、どのような価値があるのかに意識が向けられているか?

これが、なかなかできないのです。

 

では、これは上司→部下だけか?

他でも見られます。受け手の価値が忘れられたプレゼン。

たとえば、自己紹介のとき、受け手にとっての価値にフォーカスして話せているか?

事実を並べるだけにはなっていないか?

 

「私がいまから口にする言葉は、受け手にとってどのような価値があるか?」

それを意識するだけで、プレゼンテーションは180度転換します。

P.S.
今回の記事、動画でもお伝えしています。
よかったら、声と映像で確認してみませんか?

戦略的プレゼンテーションメールマガジン プレゼン勉強会prazy

このページの先頭へ