ボディ・ランゲージで熱意と余裕と自信を伝える

直立不動。身体が固まってしまい、微動だにしない。「わたし、余裕ないです!」と身体じゅうで主張していそうです。また、それでは熱い思いが伝わりにくい。では、どうすればよいのか?

from 高確率成約コンサルタント 野村尚義

デリバリー8つの要素。レッスン6はボディ・ランゲージ

これについては、少し長くなりそうです。何度かに分けて、お伝えしていきますね。

■ボディランゲージで、余裕が伝わる

一言でいえば、避けたいのはガチガチのプレゼン。

たとえば緊張が過ぎてガッチガチになっている人って、どんな姿で話していそうですか?

おそらくイメージしたのはこんな感じでは?

Google画像検索”緊張”

 

直立不動。
身体が固まってしまい、微動だにしない。

「わたし、余裕ないです!」
と身体じゅうで主張していそうです。

 

緊張して余裕がないから、”直立不動で微動だにしない”という状態になってしまう。

でも逆にいうと、“直立不動で微動だにしない”という状態は、緊張して余裕ない話し手を連想させてしまいます。

あなたが聴き手ならば、どうでしょう?

「もう、あっぷあっぷなんです…」と言わんばかりの、余裕がない話し手の提案を選びたいですか?

それとも、「どうぞ、私にまかせておいてください」と、余裕と自信を感じさせる話し手を選びたい?

 

通常は、後者でしょう。
必ずしも緊張がすべて良くないとは私は思っていないのですが、それはまた別の話。

いずれどこかで詳しくお伝えできると思います。

でも、余裕があって自信があるように見せたいというのが、多くの方の思いでしょう。

そして、それを伝えるのに効果的なのが、ボディ・ランゲージなのです。

■バラク・オバマの余裕と自信を感じさせるスピーチ

一例をあげましょう。

2004年のバラク・オバマのスピーチ。
「大いなる希望」と名付けられた演説は、オバマを一躍有名人にしました。

このスピーチについては、今後何度も紹介すると思います。

それくらい、様々な観点から分析する価値のある演説だからです。

ただ今回は、ボディ・ランゲージという1点にしぼって見ていきましょう。

 

手振りが自然ですよね。

右手の手の平を聴衆に向ける仕草。

両手を軽く差し出すような仕草…etc。

 

とても、余裕と自信があるように見えませんか?

もし、この映像に手振りが全くなかったらと想像してみてください。

違って見えるはずです。

■動くと熱意にも見える

もうひとつ伝わりやすいのが熱意です。

こちらの映像、少しご覧になってください。

【松岡修造の有名なシーンを集めてみた】

 

熱意の塊という言葉が似合います。

なぜそう思うのか?

もちろん、語っている言葉の中身も、声のハリもその一因です。

しかし、映像のボリュームをゼロにして見ても、それでも情熱的に見えるのでは?

 

つまり、熱意はノンバーバル(ビジュアル)でつくれるということ。

ここでは、ボディ・ランゲージと、表情です。

もしあなたが、想いを持って語っているのならば、ボディ・ランゲージでその想いの強さを表現するべきです。

■ボディランゲージで、聴き手のイメージ力を刺激する

ここまで、余裕と自信と熱意が伝わるという話をしました。

しかし、ボディランゲージで伝わるのは、余裕・自信・熱意といった雰囲気だけではないのです。

もうひとつ伝わるのは、内容そのもの。
メッセージそのものです。

たとえば、以下のイラストを見て、何と言っているか当ててください。

ボディーランゲージ

A:ポイントは、3つです。
B:ポイントは、1つです。

 

…はい、3つですね。
では、もうひとつ。

ボディーランゲージ

A:私の出番です。
B:あなたの出番です。

 

はい、「私の出番」です。
最後に、もうひとつ。

ボディーランゲージ

A:業績は、アップしています。
B:業績は、ダウンしています。

 

はい、アップです。

■口にしなくてもわかることがノンバーバル情報

おそらく、どの問題も当たったのではないでしょうか。

このように、ビジュアル情報から、言葉にしなくても伝わる。

これが、ボディランゲージのもうひとつの意味です。

 

前回のメルマガで伝えたのは、あくまで雰囲気が伝わるという話。

一方、今回お伝えしているのは、メッセージが伝わるという話です。

 

ここまで聞いて、思いませんか?
「いや、口で伝えたらいいじゃないですか」

たしかに、言葉でも伝えているのです。
では、何のためのボディランゲージでもそれを伝えるのか?

一言でいうならば、よりイメージしやすくするためです。

 

聴き手にしてみれば、話し手の話を聴く時間は集中力が必要とされます。

相手のペースで続く話を、咀嚼し、理解し、自分にあてはめて考える。

そしてその間も、ずっと情報は語られ続ける。

どうしても、聞き逃しそうな気はしませんか? はい、聞き逃します。

 

私はプレゼンのご指導で、毎回言うことがあります。

「聴衆は、必ず聞き逃します。それは、宿命です。

だから、多少聞き逃されても大丈夫なように、話し手が工夫してあげる必要があります」

 

重要な言葉を繰り返すのもそう。

予告の言葉で、印象付けるのもそう。

強調を駆使しながら話すのもそう。

そして、ボディランゲージで伝えることも、その工夫の一つなのです。

 

■具体的にどんなボディランゲージを付けるか?

なるほど、その重要性はわかった。

じゃあ、具体的にどのようにボディランゲージをつけるとよいでしょうか?

今回は、3つだけご紹介します。

・ナンバリング
・指し示し
・概念のビジュアル化

ナンバリングとは「ポイントは3つです」のように、数字を指であらわす。

指し示しとは、自分の聴衆、あとはスライドなどを手のひらで”指し示し”ながら語る。

概念のビジュアル化とは、グラフを手で表したり、大きいを腕の開きで表したり。

つまり、写真で見せた3つです。概念のビジュアル化は伝える内容で、バリエーション多いですが。

・・・説明しなくても、さすがにわかりますね(笑)

 

このあたりを駆使すると、話がイメージしやすくなるのはもちろん、動きにバリエーションも出ます。

戦略的プレゼンテーションメールマガジン プレゼン勉強会prazy

このページの先頭へ