山崎豊子さんに学ぶプレゼンテーションづくりの姿勢

作家の山崎豊子さんは生前”取材の鬼”と呼ばれていたそうです。作品づくりのために聞き尽くすインタビューの姿勢。プレゼンテーションの作り手として、そこから学べることは。

from 高確率成約コンサルタント 野村尚義

■山崎豊子さんに学ぶ、プレゼンテーションをつくりあげる際の姿勢

山崎豊子さんの書籍"沈まぬ太陽"作家の山崎豊子さんが、2013年9月29日にお亡くなりになりました。

山崎豊子さんといえば、白い巨塔沈まぬ太陽華麗なる一族などの名作を生み出した方。

全17作品すべてがベストセラーとなり、うち14作品が映像化されているそうです。

 

そして、彼女は“取材の鬼”として有名だったそうです(私は、テレビで知りました)。

徹底的な取材があったからこそ、上記のリアリティのある作品が書けたのでしょう。

そして、取材にもとづいた真実を感じさせたからこそ、社会に影響を与えたのでしょう。

 

取材は、鬼の呼び名のとおり、質も時間も相当なものだった。

取材の相手が「もう、これ以上は聴かれても何にも出ませんって」とひるむほど。

「あなたがしっかり答えてくれなければ、私は小説が書けません!」気迫がすごかったそうです。

■取材の鬼になったつもりで、しっかり聞き出す

この話を聞いて、思いました。
プレゼンをつくるときも同じだと。

私の場合、マンツーマンのご指導のときは、コンテンツつくりからサポートします。

色々とインタビューをしながら、プレゼンで話すに値するネタを引き出すわけです。

 

ネタがスムーズに出てくることもあれば、かなりの産みの苦しみがあるときもあります。

そして、産みの苦しみがあるとき、判断が求められます。

もっと掘れば出てくるのか?
それとも、もう掘り切っているのか?

 

ただ掘れば良いというわけではない。
けれども、多くの場合はもっと掘り下げれば、最高のコンテンツが出てきたりする。

インタビュー相手を信じて、聴き切ることが大切だと思うのです。

■自分で考える場合も、自己取材の鬼になったつもりで

これは、他者にインタビューする場合に限った話ではありません。

自分でプレゼンの内容を考える際も、自分に取材するつもりでやってみる。

つまり、自分にたくさんの質問を投げかける。

 

・そのメッセージの根拠は何ですか?

・それは、確実に正しいことなのですか?

・それ以外のアイデアはありませんか?

・そこから導かれる結論は何ですか?

…など。

ここを、突き詰められる人と、安易に目の前のアイデアに逃げる人では、語る内容の質が全然違う。

 

きっと、山崎豊子さんもそんな気持ちだったのだと思います。

インタビューがすすんでいくと「まぁ、これくらいネタが集まったら、そこそこ書けるだろう」と感じる。

そこで切り上げるのか、更にネバって引き出す努力をするのか?

きっと、後者を選ぶ方だから、取材の鬼なんて呼び名になったのでしょう。

 

この姿勢、私は見習いたいと思います。
ご冥福をお祈り申し上げます。
戦略的プレゼンテーションメールマガジン プレゼン勉強会prazy

このページの先頭へ