オリンピック的なスポーツ少年

オリンピック招致のプレゼンテーションをプレゼンのプロが分析すると

オリンピック招致のプレゼンテーションにおいて、東京開催が決定しました。日本のプレゼンテーションが見直された瞬間でありましたが、一体どんなところが素晴らしかったのでしょうか。

from 野村尚義

プレゼンテーションで、オリンピック招致が決まりました

オリンピック的なスポーツ少年昨晩おこなわれた、オリンピック招致のプレゼンテーション。無事に日本での開催が決定しました。

本当に、おめでとうございます。

このプレゼンテーションについて、プロの視点から、何回かの記事に分けて分析していきます。

日本のオリンピック招致プレゼンテーションの複雑な味わい

オリンピックのプレゼンテーションは「感情-論理-感情」のストーリーだった

オリンピック招致のプレゼンテーションの決め手は何だったのか?

3本の柱1:心配をつぶす

3本の柱2:現実的ニーズに応える

3本の柱3:理念的ニーズに訴える

その他、感じたこと

今回のプレゼンに関して、アドバイザーの仕事ができなかったのがほんとに悔しい。「なぜ、僕のところにこの仕事こない!?」と本気で悔しがる自分に驚いた。
戦略的プレゼンテーションメールマガジン プレゼン勉強会prazy

このページの先頭へ