企業研修とは、触媒である

企業研修とは触媒でないかと思う

from 高確率成約コンサルタント 野村尚義 ある研修担当者さんから、嬉しい報告を受けました。 「昨年にプレゼ・・・

from 高確率成約コンサルタント 野村尚義

企業研修とは、触媒であるある研修担当者さんから、嬉しい報告を受けました。

「昨年にプレゼンテーション研修を受けた受講者の上司から、報告をもらいました。研修受講後に、その部下の話し方・プレゼンがうまくなっていて、本当に見違えたとのことです。ありがとうございます」

とても嬉しい言葉です。
講師冥利に尽きるというものです。

でも、こうした声をいただくときの私の返事は決まっています。

「お役にたてて、嬉しいです。でも、99%はその方の努力です」

研修は、気付きのきっかけでしかない。ご本人の努力のほうが、私の指導の99倍意味があります。

企業研修とは触媒である

昔、理科でこんな実験をしませんでしたか?

過酸化水素水に、二酸化マンガンを混ぜると、水と酸素ができる。
化学式で書くと「2
H2O2 → 2H2O+O2

この化学変化において、二酸化マンガンは特に化学式に影響していないのです。
単に、過酸化水素水がひとりでに水と酸素に別れるのをサポートしただけ。きっかけにすぎません。

ここでの二酸化マンガンのようなものを触媒というそうです。
wikiで調べると、こう載っています。

触媒(しょくばい)とは、特定の化学反応の反応速度を速める物質で、自身は反応の前後で変化しないものをいう

私は、研修とはこの触媒のような役割だと感じています。

上の受講者さんは、きっと私の研修を受講しなかったとしても、いつかはスキルを高めて、周りから認められる存在だったと思います。

ただ、研修の受講によりそのタイミングが早まっただけ。

気付きのきっかけになり、フォーカスが定められること。そして、効率の良い努力の仕方がわかること。

その2点は研修で成したこと。

しかし、その後の努力を続けたのは、受講者さん自身。
まさに研修は、ターニングポイントを生み出す触媒だったのです。

受講者の伸びシロと可能性に期待する

私自身、多くのセミナーで自己研鑽を続けています。そこで私がセミナーに求めるのも、この触媒としての効果です。

自分の成長の責任は自分で取る。
セミナーが自分を変えてくれるなんて、期待していない。
僕が期待しているのは、自分の可能性なんだ。

そして、当社に研修や個人コンサルティングを依頼されるお客様も、同様の思いだと感じます。
自分や、自社の社員の伸びシロと可能性に期待しておられる。とても素敵なことです。

そのうえで、私は研修への期待もどれだけ高く持ってもらっても、それを上回ってみせる気概です。
戦略的プレゼンテーションメールマガジン プレゼン勉強会prazy

このページの先頭へ