TEDスピーチに見る、ビジョン・理念をつよく訴えるフレーズ

経営理念や企業ビジョンを社員や顧客に伝えることもあるでしょう。しかしなかなか情熱が伝わらない。そんなときにご覧いただきたいのがミック・エベリングのプレゼンテーションです。

from 野村尚義

■TEDスピーチに見る、ビジョン・理念をつよく訴えるフレーズ

あなたも社員や顧客に、理念・ミッションを語ることがあるでしょう。

(「いや、ないけど…」と思ったとしたら、それ自体が黄色信号です)

そんなときに使えるノウハウを、TEDのプレゼンテーションからご紹介します。

 

TEDのスピーカーとなったのは、起業家のミック・エベリング(Mick Ebeling)

彼はグラフィティ・アーティストのテンプト氏のサポートをしたときの話をします。

その内容もそうですが、その締めのことばが素晴らしい。

 

テンプト氏はあるとき、ALS(神経変性疾患)によって全身麻痺となり、目の動き以外には身体が動かせなくなります。

テンプト氏の家族が望んだのは、彼とふたたびコミュニケーションと取れるようになること。

そんな話を聞いて、ミック・エベリングは立ち上がります。

 

詳細は、以下の映像に譲るとして、

ミックは見事にテンプト氏の生活スタイルを一変させます。

目の動きを読み取って、他者とコミュニケーションをとったり、作品を生み出せるための装置「描画装置アイライター」を作り上げたのです。

ぜひ、詳細は映像を見てください。感動します。

 

そして、このスピーチの最後で、ミックはこう言うのです。

「 If not me, then who? 」

和訳すれば「私がやらなければ、誰がやるというのだ?」

これほど力強く、自分の思いを示す言葉があるでしょうか?

 

私からの提案は2つ。

ひとつは、ぜひこのフレーズ自体を使ってみてください。

もうひとつは、「If not me, then who?」と言わずにはいられないほどの、使命を打ち立ててみてはいかがでしょうか?

戦略的プレゼンテーションメールマガジン プレゼン勉強会prazy

このページの先頭へ