結婚式のスピーチは、すべて新郎新婦のために ~読売新聞掲載記事について~

from 野村尚義 結婚式のスピーチについての読売新聞掲載 2013.7.18の読売新聞にて、結婚式のスピーチ・・・

from 野村尚義

結婚式のスピーチについての読売新聞掲載

2013.7.18の読売新聞にて、結婚式のスピーチについて取材を受けています。
5分程度の準備スピーチと、式の最中に急にまわってくる即興スピーチについて。

このあたりについては、成功談も失敗談も笑い話もたくさんあるのですが、今回はあくまでシンプルに。

yomiuri_130718

結婚式スピーチは誰のため

ポイントを一言でいうならば”すべては、新郎新婦とご親族のため”にフォーカスすること。

自分がどう見られるかにフォーカスしない。
あなたが目立つ場所ではなく、新郎新婦を輝かせるための場所なのだから。

自分にフォーカスが向くと、
「口下手なんですみません・・・」なんて言い訳してみたり、
会社の上司が自分の会社について長々と語ってみたり、
新郎や新婦を過度にネタにして笑いを取ろうとします。

いや、それは違いますよ。

スピーチ原稿を書くときに、念頭に置くこと

言うなれば、スピーチをする人は、歌手の後ろで踊るバックダンサーみたいなものです。

主役を際立たせ、ステージ全体を魅力的にする。
自分にスポットライトを引き寄せることが目的ではない。

数年前、ある友人の結婚式でスピーチを依頼されました。
その準備にはそれ相当の時間をかけて、スピーチは練りに練りました。

その原稿を書いたワードファイルの1行目は、自分に対しての心得が書いてあります。

スピーチの時間300秒のすべてを、新郎新婦と親御さんの喜びのためだけに使う

書いておかないと、いつの間にか意識が自分にフォーカスしてしまうものですから^^

戦略的プレゼンテーションメールマガジン プレゼン勉強会prazy

このページの先頭へ