雑誌フローリストで連載22ヶ月やってわかった花ビジネスの企画提案

from 野村尚義 フローリストでの連載も22ヶ月 今月も届きました、フローリスト。 この雑誌に私は目がなくて・・・

from 野村尚義

フローリストフローリストでの連載も22ヶ月

今月も届きました、フローリスト
この雑誌に私は目がなくて、毎月楽しみに購読しているのです。

いや、買っているというのはウソ。
この雑誌に記事を連載しているので、毎月届けてくれるのです。

私が連載しているのは「営業プレゼンテーション ~現状を改善し、新しい未来へ一歩踏み出すための営業ノウハウをわかりやすく~」というテーマで、私にとってど真ん中の領域。

今月号で、連載もはや第22回。24回で終了なので、あと2回で終了。終了が近づいていることに、寂しさを感じるこの頃です。

これまで、色々な記事を書かせてもらったけど、特に印象に残っているのが企画提案書への赤ペン添削のコーナー。

実際の花屋さんの提案書に僕が赤入れをする。そして翌月には、それを私が手直し・最適化した提案書を載せる。

この赤ペン添削企画が当たって、それなりに人気のコーナーになったと聞いています。せっかく、力を入れて書いているのだから、たくさんの人に喜んでもらいたいと思っていて、その意味では、やってよかったなぁと。

結構、プレッシャー感じてました

しかし、この雑誌での連載、実はなかなかのプレッシャーだったのです。

というのは、私はプレゼンテーションのプロ、企画書の専門家ではあっても、花のプロではないから。連載当初は「花の素人の自分にやれるのか?」という不安もありました。だから、成功しているフラワービジネスのオーナーにインタビューしてまわったりもしました。

それで結局わかってきたのは、商品がかわっても、提案の本質は変わらないということ。

ここで言う本質とは、顧客にとってのメリットを最大化する独自の方法を考え、それを目減りさせずに伝えきること。

2年にわたり、本当に鍛えていただきました。ありがとうございます。あと2回どうぞよろしくお願いいたします。
戦略的プレゼンテーションメールマガジン プレゼン勉強会prazy

このページの先頭へ