ctznh1uvyaevk0x

がんばってるのに埋もれてしまう人に足りないもの

一生懸命にがんばっているのに頭一つ飛びぬけられないとしたら、それはライバルたちも一生懸命がんばりやすい土俵だからかもしれません。だとしたら必要なことは更なる努力ではなく、●●ではないでしょうか。

from 高確率成約コンサルタント 野村尚義

スポットライト産業は努力だけでは報われない

お笑い・スポーツ・芸能・音楽・ダンス・料理・美容・イラスト・ホビー。

「これを一生の仕事にできれば幸せなのに!」と憧れる人が多い業界(僕はスポットライト産業と呼んでいます)であればあるほど、労働単価が低くなる傾向にあります。

努力・能力・研鑽とリターンが釣り合いませんが、それは需要供給曲線を考えれば当然のこと。いわゆる供給過多です。

supply_demand

「お金にならなくてもあこがれだからやりたい!」という人が多ければ市場価格は下がるのだから(厳密には一部の頂点が総取り)。

でもそういう業界に身を置く人はめちゃくちゃがんばっています。根本にあるのが”好きだから仕事にしたい”という人だから努力が苦にならない。

逆に言えば、ライバルたちも鬼のようにがんばっている。だから努力だけで頭ひとつ飛びぬけることが難しい。それがこうしたスポットライト産業の難しいところだと思います。

足りないのは更なる努力か?それとも・・・

そうした場面において、足りないのは”更なる努力”ではなく、“戦略”なのではないでしょうか?

僕は本にサインを求められたとき「Sincerely and Strategically(真摯に、戦略的に)」と書き添えることにしています。真摯さと戦略性の二刀流こそが、勝利への最短コースだと信じているから。

僕の周りで好きを仕事にしている人間は、本人が戦略家か、もしくは戦略ブレーンが近くにいるかのどちらかです。

真摯さは素敵なことだからこそ、報われてほしい。

「努力は絶対報われる」

高橋みなみみたいなセリフを真顔で言いたい。

でも残念ながら、「自分は一生懸命だから!」と努力にあぐらをかき始めるとうまくいきにくくなります。

ctznh1uvyaevk0x

自分は右上にいるか?足りないのは上へのベクトルか?それとも右へのベクトルか?

そして足りないものを具体的にどうやって埋めるか?

それを考えないといけないと思います。

とある、がむしゃらにがんばる大好きな友人に向けて。



戦略的プレゼンテーションメールマガジン プレゼン勉強会prazy

このページの先頭へ