「スティーブ・ジョブズは盗むのがうまかった」は本当か?

from 野村尚義 スティーブ・ジョブズの伝説のスピーチはパクり? 1995年、スティーブ・ジョブズがスタンフ・・・

from 野村尚義

スティーブ・ジョブズの伝説のスピーチはパクり?

1995年、スティーブ・ジョブズがスタンフォード大学でおこなった伝説のスピーチ。
このスピーチの最後は”Stay hungry, stay foolish”という言葉で締めくくられます。
くわしくは記事「ジョブズの言葉”Stay hungry, stay foolish”は何を表すのか?」にて

stayhungry実は、この”Stay hungry, stay foolish”の言葉は、彼がつくった言葉ではありません。
そもそも、スピーチの中で引用元も示されています。

The Whole Earth Catalogue”という出版物の最終号の背表紙に、載せられた言葉。

まぁ、パクりというと聞こえが悪いですが、うまいこと引っぱってくるのが非常にうまかった。

実はスティーブ・ジョブスは、盗むということに関して、ひとつの確たる考えを持っていたのです。

Good artists copy great artists steal

こちらの動画をご覧ください(英語です)。


From the 1996 PBS television special
Triumph of the Nerds: The Rise of Accidental Empires.”

英語なので、少し聞き取れない部分もあったかもしれませんが、こう言っている部分があります。

Picasso had a saying  ’Good artists copy, Great artists steal’.
And we have always been shameless about stealing great ideas.

ピカソは「優れた芸術家は模倣し、偉大な芸術家は盗む」と言った。
だから僕たちは、偉大なアイデアを盗むことに関して、恥じることはなかった。

私は、プレゼンテーションに関して、同じ意見を持っています。
かの天才、スティーブ・ジョブズですら、Great ideasは自分発ではないと言っている。
なぜ私たちが、自分でありきたりなアイデアを自分で考えることに固執する必要があるでしょうか。
戦略的プレゼンテーションメールマガジン プレゼン勉強会prazy

このページの先頭へ