コンサルティング理念 触媒

プレゼンテーションコンサルティングの理念

「もっと、外部環境に関する情報を調べて、プレゼンに取り入れたほうがよい」

「もっと、自信ありげにふるまうべきだ。それがエグゼキュティブだ」

私たちは、自分のメッセージをより良くしようと考えるとき、つい外部から新たなものを取り入れようとします。

それは、価値の源泉を外側に求めることであり、内側には価値が残っていないということ。

 

はたして、本当に内側に価値は残っていないのでしょうか?

私はそうは思いません。

 

私のところにコンサルティングを依頼に来られる方は、多くがこれまでビジネスに邁進してこられた方。

たとえば、大きな組織のトップに上り詰めた企業役員。

たとえば、ひとりで事業を継続させてきた独立事業主。

力があるからこそ、思いがあるからこそ、今の立場にいるという方々です。

 

本当に、価値は外側に求めるべきなのでしょうか?

あなたの内側に、見つけられるのを待っている価値があるのではないですか?

成長を加速される触媒になる

小学生のとき、面白い実験をおこないました。

きっとあなたも、同じ記憶があると思います。

 

過酸化水素水に、二酸化マンガンを投じると、酸素が発生する。化学式で書けば、

2H2O2 → H20 + O2

面白いのが、二酸化マンガンは化学反応の中に取り入れられていません。

本来、過酸化水素水は水と酸素に分かれるという変化をおこすもの。

しかし、変な安定期にはいってしまうと、本来起こるはずの変化が起こらない。

そこに、変化の起爆剤として存在するのが二酸化マンガンです。

 

こうした特徴を持つものを、触媒といいます。

プレゼンテーション・コンサルタントは触媒である

私は、自分の仕事は、まさにこの触媒であると感じています。

クライアントが本来もっている価値が、表現されるサポートをする。

外からむりやり付け足して、違和感のあるプレゼンをやって、なんの意味がある?

借り物のことばで語られて、誰の心が動く?

 

ただ、クライアント自身が持っている言葉に、本来そこにあるべき価値が表現されていないことは多々あります。

私の仕事は、それを見つけ出すことをサポートすることであり、それをピカピカに磨き上げることをお手伝いすることです。

 

価値あるメッセージは、あなたのなかで、あなたに見出されるのを待っています。

あなたがもし「自分が受け手に届けられるメッセージはもっと尊いものだ」そう感じていながらも、それが見つけきれていないのならば。

ひとりで、化学変化を起こそうとするのではなく、触媒の力を借りてみてはいかがでしょう。

スピードアップをあなたにもたらしてくれます。

>>プレゼンテーション・コンサルティングに戻る

このページの先頭へ